台風への備えにはおにぎりを!役立つ理由から保存方法までを徹底解説

onigiri-taihuu 食材コラム

夏がくると台風が多く発生するので、台風の備えを考えなくてはなりません。

台風がよく上陸する地域に住んでいる場合、特にしっかりと備えておく必要がありますよね。

台風がくると、外出に制限がかかってスーパーに行けない・スーパーで日持ちする食品が品薄になる・停電するなどの問題が起こりがちです。

食材宅配サービスも届かなくなってしまいます。

台風

そんな厄介な台風ですが、台風が近づいてきたら、おにぎりを備えておく家庭があるようです。

おにぎりは、停電してしまった時にも気軽に食べやすく、お腹のもちも良いので、おすすめです!

保管する際には、クーラーボックスか野菜室に入れておき、次の日のうちに食べましょう。

この記事では、台風の備えにおにぎりが役立つ理由と保存方法を解説します。

台風に備えるおにぎりは停電時にも食べられて便利

おにぎり備える

毎年のことながら、台風が接近してくるとドキドキしますよね。
最近では、一夏のうちに何回も台風がくることがあるので、ベストな台風の備えがないかな?と考えている人もおられるのではないでしょうか。

台風が直撃すると、停電する可能性があります。
台風や地震の影響で停電すると、水が出なくなることが多いものです。
これは、水が家庭に届くまでの過程で電気の力を借りているからなのです。

ガスが止まっていない場合でも、断水してしまっていたらお湯を沸かせないため、カップ麺を作ることさえ不便になります。そのため、水の用意は必須です。

仮にペットボトルの水をたくさん備えていたとしても、水は飲み水としての用途以外にも使用したいシーンがとにかく多いものです。

そのため、食べ物に関しては、台風が直撃する前におにぎりを用意しておくと、水の心配をしないで食事がとれるので、とても楽なのです。

おにぎりなら、暗いところでも簡単に食べることができますし、電子レンジを使用せずそのまま食べることもできます。

万が一、避難所に行かなくてはならなくなっても、おにぎりなら持ち運びがしやすいですよね。
更に、おにぎりはお腹のもちも良いので、良いことづくしですよ。

台風に備えるおにぎりのベストな保存方法

クーラーボックス

いざ、台風に備えておにぎりを作ることになったら、どのように保存したら良いのか迷ってしまいますよね。台風に備える場合、おにぎりクーラーボックス野菜室に入れておくのがおすすめです。

冷蔵庫に入れると冷たくなりすぎてしまう他、お米もパサパサになりやすいので、おにぎりが美味しくなくなってしまいます。
また、冷凍庫に入れると、停電した場合に解凍できなくなりますので、停電時の食べたいタイミングで食べることができなくなります。

作る量は家族の人数にもよりますが、2~3合など次の日のうちには食べきれるくらいの量にしておきましょう。にぎる時にはラップを巻くなどし、素手でにぎらない方が衛生的です。

また、おにぎりの具は傷みにくいものを選ぶことがポイント。
ゆかり・鮭・昆布・梅などは塩分が多く、傷みにくいのでおすすめですよ。
逆に、ツナマヨなどは子供に人気ですが、マヨネーズを使用したおにぎりはおすすめできません。

おにぎりをにぎったら、クーラーボックスか野菜室で保管して台風に備え、できる限り次の日のうちに食べましょう。
台風の影響を受けず無事に台風が去った場合には、冷凍庫に入れ変えても問題ありません。
冷凍庫に入れると、1か月程度はもちますよ。

このように、おにぎりは台風の備えとして、気軽で便利なので、とってもおすすめです!

台風に備えるにはおにぎりが最適!

 

おにぎり最適

日本では、夏から秋にかけて台風が多く発生するので、台風の備えが必要です。
特に、台風がよく上陸する地域に住んでいる人は、しっかり備えているという家庭が多いようです。

台風がくると、外出に制限がかかってスーパーに行けない・スーパーで日持ちする食品が品薄になる・停電するなどの問題が起こります。

台風が近づいてきたら、おにぎりを備えておくのがとてもおすすめです。
台風が直撃すると、停電することがよくあります。
そして、停電した後には断水してしまうという事態もよくあることです。

ペットボトルの水を沢山備えていたとしても、水は飲む用途以外にも使用したいシーンがとにかく多いのです。そのため、食べ物に関しては、台風が直撃する前におにぎりを用意しておくと、水の心配をしないで食事がとれるので、とても楽ですよ。

おにぎりなら、暗いところでも簡単に食べることができ、電子レンジなどを使用せずそのまま食べることもできます。万が一、避難所に行かなくてはならなくなっても、おにぎりなら持ち運びがしやすく、お腹の持ちが良いのは嬉しいポイントです。

台風に備える場合、おにぎりはクーラーボックスか野菜室に入れておくのがおすすめです。
次の日のうちには食べきれる量にして、できる限り早めに食べましょう。
台風の影響を受けず無事に台風が去った場合には、冷凍庫に入れ変えれば良いのです。
おにぎりは台風の備えとしてとってもおすすめですので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました